メインコンテンツへ移動
:::

展示概要

 丹念な作りの琺瑯彩磁器は、清代康熙朝(1662-1722)から生産が始められて以来、雍正朝(1723-1735)の皇家御用品という段階を経て、乾隆朝(1736-1795)に至ると、皇帝も皇家が制作した品々の生産状況を非常に気にかけていたことが、公文書の記録からうかがえます。特に皇帝と督陶官の対話からは、乾隆年製の琺瑯彩磁器がこれまでにない新しさと独自の美を持つ、乾隆官窯の作品の一つだったこともうかがえます。風格と様式という視点から見た場合、康熙朝と雍正朝の造形や色合い、模様に比べると、乾隆朝の琺瑯彩磁器の焼製は、皇帝の重視と主導の下で行われており、二つの彩料が織り成す相乗効果、華麗な装飾模様と新しい様式、収納とコレクション─三つの面から理解することができます。

 本特別展は三章に分けて作品が展示されます。第一章「彩料の相乗効果」では、乾隆帝が等しく重んじた洋彩と琺瑯彩についてご覧いただきます。乾隆帝は雍正朝の風格と様式を継承しつつ、乾隆帝個人の特色が強く表れた御製詩を装飾模様として取り入れており、詩句を加えた作品からは帝王の風格が色濃く感じられます。第二章「新しい様式と装飾」では、乾隆朝で誕生した新しい装飾模様をじっくりとご覧ください。中西の人物や楼閣山水、金魚と水草、様々な錦地紋など、視覚上の美的経験が一新されることでしょう。第三章では、現代まで伝えられた木匣を通して、乾隆帝が清朝宮廷旧蔵品の精査を命じた際、新しく作られた磁器も陳列されて整理分類も行われた過去へと遡り、その命名と包装の過程についてもご説明します。

 皆さまがご覧になった通り、想像以上に精緻を極めた技術と繊細な造形は、乾隆朝琺瑯彩磁器ならではの風格の物語と言えるでしょう。

TOP