::: サイトマップ中文English日本語
文字サイズ設定: 小 中 大
:::

生活芸術

乾隆帝が芸術文物や図書に対して整理、品評、革新を行ってきたのは、芸術文化を深く愛好していたからです。乾隆帝は普段から芸術の妙趣を味わう生活を送っていました。南巡では政務の合間に園林や名勝をめぐり、江南の士風と特有の物産に触れ、文人との集いを楽しみました。気候や地理的環境のまったく異なる北方で暮らしてきた乾隆帝にとって、それらは見聞を広げる機会であったに違いありません。更にその中に身を置いた自分を先人の作品と照らし合わせ、学んだ知識を反芻するなど、南巡は乾隆帝の芸術的趣向に深い影響を与えたと言えるでしょう。


乾隆帝は一国の君主として治国の大業とは切り離せない生活を送っていましたが、心の片隅では文人世界への憧れを抱いていました。余暇には書や絵画、または詩に没頭し、絵画の世界の中で様々な役柄を演じて楽しむこともありました。ある時は文士となって理想の山水に身を置き、琴を奏で、茶を味わい、読書にふけるなど悠々自適な時間を送り、またある時は普賢菩薩と化して宗教の空と無の境地に浸る。更には古代の絵画作品に描かれた人物に成り代わり、作品の構図と内容の解釈の下で、今を古に寄せる哲学的な意味合いを含ませました。


乾隆帝は静かで落ち着いた住居を好みました。盤山の静寄山荘がその一つです。また、普段から茶器と茶事にこだわり、書斎の用具や装飾品にも独自の見解を持っていました。すぐに手に取って賞玩できるよう各種珍玩が系統的に収納された多宝格に至っては、細心を尽くして設計・製作されており、皇室のコレクションの多様性と皇帝の芸術的趣向を最もよく体現していると言えます。

3-1 遊歷

「万巻の書を読み、万里の路を行く」。満族と漢族の文化を兼ね備えた乾隆帝にとって、学問を追求する漢族と馬に跨り狩りをする満族の伝統的な習慣を合わせた巡幸遊歴が、自然と生活の重要な一環となりました。六十年の在位期間中、乾隆帝の遊歴回数は百十五余回にも達し、紫禁城外で暮らす時間も一年の半分以上を占めていました。そのような各種遊歴のうち、最も注目されるのが六回にわたる南巡であり、関連する公文資料や地図絵巻も最も豊富に残されています。南巡では地方の役人により一連の視察が組まれていましたが、余暇には質素な出で立ちと少ない従者で名園を尋ね、茶や景色を楽しみ、臨画し詩を詠み、古跡をめぐるなど、江南の芸術生活を存分に味わいました。また、景勝地を訪れるたびにその情景を絵に収めさせ、宮中に戻った後、御苑内にまったく同じ情景を再現させました。更に才芸に富んだ人材を見つけると宮中に召し抱え、例えば徐揚と張宗蒼の二人は乾隆帝が初めて南巡した時に見出された絵画の人材です。本コーナーでは南巡と関連した文物を通じ、乾隆帝の遊歴活動における芸術生活についてご紹介します。

明 張宏 棲霞山図

明 張宏 棲霞山図

軸 紙本着色

縱341.9cm 横101.8cm

宋 林逋 手札二帖

宋 林逋 手札二帖

冊 紙本行書

縱31.5cm 横38.2cm

清 丁觀鵬 画十六羅漢像第十一租查巴納塔嘎尊者/第十六阿必達尊者

清 丁觀鵬 画十六羅漢像
第十一租查巴納塔嘎尊者
第十六阿必達尊者

軸 紙本着色

縱127.5cm 横57.5cm

3-2 怡情樂志

毎日のように政務に追われていた乾隆帝も、ひとたび内廷に戻れば心のびやかに芸術生活を楽しんでいました。乾隆帝の遊印によく見られる「幾暇臨池」、「典學勤政」、「聊以觀生意」、「琴書道趣生」、「行樂信天真」などからも、この幸運と長寿の天子が如何に多彩な余暇生活を送っていたかがうかがえるでしょう。


乾隆帝は宮中の大量の書籍や文物の啓発を受け、詩を詠んだり先人の書画名跡に学んだりしたほか、宮廷画家に先人の作品を模作させ、自らが画中の主役に成り代わるという楽しみ方もしていました。また、乾隆帝の御製詩、活計档資料及び現存する物品から、園林、文具、茶具、表装具などの設計や素材に対する彼のこだわりがはっきりとうかがえます。このほか、収納芸術と知恵を体現した多宝格は、文物の材質や種類を超え、隠れ収納など巧みなからくりを採り入れ、乾隆帝の芸術的趣向を表した魅力的な作品と言えます。

清 彫紫檀龍文多宝格

清 彫紫檀龍文多宝格

二箱 木箱含め計48点

箱高さ 44.6cm 幅35.0 cm 厚さ21.5 cm

元 盛懋 江楓秋艇

元 盛懋 江楓秋艇

卷 紙本着色

本幅 縱24.7cm 横111cm

引首 縱24cm 横71.6cm

清 高宗 題明董其昌雑書

清 高宗 題明董其昌雑書
臨呉琚 清高宗行書群鴻戲海 清高宗倣董其昌筆意

冊 紙本水墨

縱26.1cm 横29.6cm

伝元 崔彦輔 渓山煙靄

元 崔彦輔 渓山煙靄

軸 紙本着色

縱71cm 横39.2cm

清 高宗 御臨蘇軾帖

清 高宗 御臨蘇軾帖

軸 紙本行書

縱99.7cm 横32.2cm

清 高宗 題緙絲御筆新韶如意

清 高宗 題緙絲御筆新韶如意

軸 絹本着色

本紙 縱55cm 横38.4cm

詩塘 縱27.2cm 横38.4cm

清 高宗 御臨洛神賦并図

清 高宗 御臨洛神賦并図

冊 紙本水墨

縱23cm 横22cm